庶民と財閥   こんなに違う生活なのね~。

先週の上野散策で 不忍池のそばで何気なくみつけた 下町風俗資料館

明治 大正 昭和初期の東京下町の街並みを再現しています。
 
明治、大正頃までの下町には江戸の名残がありました。しかし大正12年の関東大震災、昭和20年の大空襲によって ほとんどその面影をなくし、さらに目覚しい復興を遂げた戦後、特に東京オリンピックをきっかけとする再開発が街をすっかり 様変わりさせました。
人々の暮らしも時代とともに変化し、古い時代の大切なものが忘れられようとしていました。
しかし下町を愛する人々が庶民の歴史である下町の大切な記憶を 次の世代へ伝えようとこの資料館が生まれたのです。
     パンフレットより



井戸があります。 外灯も懐かしいですね~。
昔はみんなこんなゴミ箱だったなァ。
b0157532_11301788.jpg

カチカチと時計が時を刻んでいます。
私の家にもこんな時計があって ゼンマイを巻くのが母の仕事でしたっけ。
時刻になるとボーン、ボーンって鳴るんですよね~。それが夜中にはけっこううるさかった015.gif
時計の左にあるのは 浅草の「おとり様」の熊手。こういうのがよく飾ってありました。
b0157532_11314635.jpg


ここは駄菓子やさんの店先から茶の間を見たところ。
奥の「ちゃぶ台」にはフキンがかけられ、お茶の用意がしてあります。
b0157532_11394316.jpg


写真の左側にあるの、なんだかご存知ですか?
トイレ(昔は「厠(かわや)」とか「ご不浄」とか言いましたよね?)から出てきて、手を洗うときのもの。
下に手を当ててボッチを押すと 水が出るんですよね。よくお水が無くなって出なくて、わたしなんか面倒で 洗わないこともあったっけ006.gif
手を拭くのもタオルでなくて手ぬぐい
b0157532_11413249.jpg


ここは昔のカフェ
b0157532_11475047.jpg


そしてここは銭湯です。
b0157532_11493026.jpg
b0157532_11494454.jpg



五右衛門風呂もありましたよ。
b0157532_11513072.jpg


こういう風景が関東大震災で 焼け野原になったんですね~。
b0157532_1152835.jpg


そしてその後の東京大空襲で、殆ど姿を消してしまいました。
でも 昭和30年代頃までは庶民の生活ってこんなものでしたよ。

ホラ、「三丁目の夕日」っていう映画、ご覧になりましたか?
あの生活が子供の頃の私の生活そのものでした。


皆さんはお若いから こういう風景は覚えがないでしょうね~。

古きよき時代がそこにありました。
 

その後で↓の岩崎邸を訪れたものですから よけいにその生活の差というものを感じてしまった私でした。

同じ人間でも当時はずいぶん差のある生活ぶりだったんですね。
[PR]
by kmori3107 | 2010-03-26 12:04