フォーエバーヤング その①

確か昔の映画にありましたね。

でも私が書こうとしているのはそうじゃなくて、、、、、。

すごーくおおざっぱなんですけれど、私のようなオバサンが実践したい、あるいは実践していることをここで忘れないよう、記事にしておこうと思ったから。

私、会社の健康診断でここ十年来 いつも「高コレステロール」と診断されているんです002.gif
私の母もそうでした。知っている限りでは300近くあったような。
なので私も遺伝の本態性高脂血症である程度は仕方ないのですが、やはり更年期を過ぎて その値が高くなり一昨年には286まで上昇してしまいました005.gif

最近はLDLコレステロール値(悪玉)とHDLコレステロール値(善玉)の比率で 出ているのでちょっと
わかり辛くなったのですが それでも最悪のランクに位置づけられ 慌てて病院で薬の処方をされ、3ヶ月後には正常値に戻りました。

皆さんもご存知のように
LDL(悪玉)は エストロゲンが減少する頃に増える。
HDL(善玉)は 軽い運動や禁煙、肥満の解消で増える。

食品から摂取されるコレステロールの量はわずかで、殆どのコレステロールは体内で
合成されるので コレステロールの多い食べ物を控えるのではなく
コレスレロールの合成を防ぐ食品をとる。


年齢を重ねるごとにコレステロール値が上昇するのは否めないこと(かもしれません)。
でも
それをいかに食い止めるかが生活改善なのですね。
なので 私は現在服薬中ですが、それに頼ってばかりではいけないと 出来る範囲で
実行中です。

まず軽い運動

ウォーキングが一番良いらしいですが、なかなかね~008.gif

でも腹筋10回するよりはウォーキングのほうが効果あるらしいですよ。

「忙しいからまとめて運動するためにキツイ運動をしちゃおう」なんてことはしないこと!

なぜ軽い運動なのか?

ちょっと長くなるのでこの話は次回に回しますね006.gif


※マヨネーズのことなんだけれど、、、、、コレ、コレステロールの塊って言われているみたいですが、黄身に含まれている乳化作用を持つコリンという物質が含まれていて 血管壁にこびりついたLDLコレステロールを血液に溶け込ませ、排出させる働きをしたり ドロドロ血を固まりにくくさせる作用があるので、あまり神経質になることもないんです。
でも過剰の摂取は何事にもよくありませんけどね。
ちなみにマヨネーズって油とタマゴを混ぜるでしょ。混ざりにくいもの同志をくっつけるのがコリンの役目なんです。


長々読んでくださってありがとうございました001.gif
b0157532_1037749.jpg

[PR]
by kmori3107 | 2009-04-15 10:38