私にとっての「物の価値」

b0157532_13575420.jpg


ここ数ヶ月断捨離をしています。
夏に 貴金属類の整理をしたけれど、優柔不断の性格ゆえ そのままになっていたのを 今朝、急に思い立って 近くの買い取り店に持って行きました。

「あの時 思い切って自分へのごほうびに」と買った 今はサイズの合わなくなったカルティエのトリニティリングやカナダ旅行で買ったメープルリ-フのペンダントトップも似合わなくなってしまったので思い切って手放したものの「ヘ~!こんなぁ」と思えるようなお値段005.gif
中には 父からもらって主人は使わないタイピンが¥9400と 思いもかけない値段で下取りしてもらったけれど、計13点持っていった割には悲しい結末007.gif054.gif
今、金の相場が高いとはいえ、実際に売るとなると元の値段とは比べ物にならない。 


帰り道 いろいろ考えてしまいました。

いくら高いものでも買ったその時点で価値って下がってしまうのね。

それなら「タンスの肥やし」にしておかず、どんどん使ったほうがものも喜ぶはず。

洋服にしたって よそ行きだからと眠らせておかないで 古いものは処分し、気に入ったものをどんどん着るようにしないとね。

将来のことは またそのときに考えれば良いのであって「今をいかに充実させ 満足して過ごすべきか」たかが少しの私の貴重品を処分したことによって そんなふうに思ったのでした。
[PR]
by kmori3107 | 2011-10-19 13:57