ご無沙汰の間のご報告

ほぼ一ヵ月半の間、ブログをお休みしていましたが その間に季節は夏にかわり、
梅雨明けをひたすら待つ時期になりました。(関東地方は今日現在まだ梅雨明け
の報告がありません。)

皆様、お変わりございませんでしたか?

ラブも私も そして主人も相変わらず元気に暮らしております。

昨年の今頃、ラブのオッパイのひとつに米粒くらいのグリグリを発見し、気にはなっていたもののそのままにしていましたら、なんだかここへきて
大きくなったように思えたので ワクチンを打つ際に獣医さんに診ていただきました。

「まだ小さいのでなんとも言えないけれど これがほかのオッパイに転移したり、大きくなってからだと手術するにも筋肉の仕組み上、三つ取らねばならないので 体の負担も考え、今のうちに取っておいたほうがいいでしょう。」とのこと。

しかもラブはまだ避妊手術をしていないので こういう腫瘍が出来やすいとか。

なので避妊手術を前提として(そうでないとまた他にもできる可能性があるので)摘出手術を
することになりました。


エーッ!二ヶ所もお腹を切るんだって><。

そういうわけでラブは入院をすることに相成りました。
手術は6月7日、ちょうどこの日は姪の結婚式の日。
披露宴の最中もソワソワ 気もそぞろ(^_^;)

宴たけなわの頃、主人の携帯に獣医さんから「無事終了しましたよ」との連絡が入り、主人も私も一安心。

「お見舞いにいらしても構いませんよ」
との言葉でしたが とても会えません。
ラブも「里心」が出てしまうだろうし、ここはじっと我慢。

やっと三泊四日の入院生活を終えたラブを迎えに行き、痛々しい身体を見て 私は涙ぐんでしまいました。

「よくガンバッタね、ラブ!」

腫瘍の結果も一週間ほどで出、おかげさまで良性腫瘍とのこと。


動物って口がきけないから「痛いだろうな~」「傷口がつれてないかな?」とこちらが
ものすごく気をつかうのですが、本人はいたって元気元気!
それがせめてもの救いでした。

退院したてのラブのおなか。
b0157532_1034314.jpg

絆創膏が取れ抜糸もすんだ一週間後。
左下のオッパイにできていた腫瘍をとりました。
b0157532_1051767.jpg


一ヶ月以上経った今では傷口もわからないほどに回復し、食欲も旺盛です@^▽^@ 。

でもホルモンの関係で太りやすい体質になるとか、、、、(恐ろしい)。

メタボにならないようシッカリ監督しなければね。

そんなわけで 健康のありがたさをシミジミ味わった我が家でした。

皆さんもこれからの暑さに向かい、身体をこわさぬようご自愛くださいね。

[PR]
by kmori3107 | 2008-07-17 10:14